Package qxsl.table

Class TableManager

  • All Implemented Interfaces:
    Iterable<TableFactory>

    public final class TableManager
    extends Object
    implements Iterable<TableFactory>
    交信記録の書式を自動的に検出して管理する仕組みです。
    Since:
    2013/02/25
    • Constructor Detail

      • TableManager

        public TableManager​(ClassLoader cl)
        指定されたローダから書式の実装を検索します。
        Parameters:
        cl - 書式の実装を検出するクラスローダ
    • Method Detail

      • factory

        public final TableFactory factory​(String name)
        指定された名前もしくはラベルを持つ書式の実装を検索します。
        Parameters:
        name - 属性の名前
        Returns:
        対応する書式 またはnull
      • decode

        public final List<Item> decode​(byte[] binary)
        指定されたバイト列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
        Parameters:
        binary - 交信記録を読み込むバイト列
        Returns:
        交信記録
        Throws:
        UncheckedIOException - 読み込み時の例外
      • decode

        public final List<Item> decode​(String string)
        指定された文字列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
        Parameters:
        string - 交信記録を読み込む文字列
        Returns:
        交信記録
        Throws:
        UncheckedIOException - 読み込み時の例外
      • encode

        public final byte[] encode​(List<Item> list)
        指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
        Parameters:
        list - 交信記録
        Returns:
        バイト列
        Throws:
        UncheckedIOException - 書き込み時の例外
        Since:
        2020/11/16
      • encode

        public final byte[] encode​(Item... sequence)
        指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
        Parameters:
        sequence - 交信記録
        Returns:
        バイト列
        Throws:
        UncheckedIOException - 書き込み時の例外
        Since:
        2020/11/16