Package qxsl.table

Class TableDecoder

  • All Implemented Interfaces:
    AutoCloseable
    Direct Known Subclasses:
    BasicDecoder

    public abstract class TableDecoder
    extends Object
    implements AutoCloseable
    所定の書式の交信記録を標準構造に読み込む仕組みです。
    Since:
    2019/07/08
    • Constructor Detail

      • TableDecoder

        public TableDecoder()
        デコーダを構築します。
    • Method Detail

      • decode

        public List<Item> decode()
                          throws IOException
        ストリームの交信記録を読み取ります。
        Returns:
        読み取った交信記録
        Throws:
        IOException - 構文上または読取り時の例外
      • close

        public abstract void close()
                            throws IOException
        ストリームを閉じて資源を解放します。
        Specified by:
        close in interface AutoCloseable
        Throws:
        IOException - 解放に失敗した場合
      • head

        public abstract void head()
                           throws IOException
        ストリームの交信記録の冒頭を読み取ります。
        Throws:
        IOException - 構文上または読取り時の例外
        Since:
        2020/09/04
      • foot

        public abstract void foot()
                           throws IOException
        ストリームの交信記録の末尾を読み取ります。
        Throws:
        IOException - 構文上または読取り時の例外
        Since:
        2020/09/04
      • next

        public abstract Item next()
                           throws IOException
        ストリームの現在位置の交信記録を読み取ります。
        Returns:
        読み取った交信記録
        Throws:
        IOException - 構文上または読取り時の例外
        Since:
        2020/09/04
      • hasNext

        public abstract boolean hasNext()
                                 throws IOException
        ストリームに交信記録が存在するかを確認します。
        Returns:
        交信記録を読み取れる場合は真
        Throws:
        IOException - 構文上または読取り時の例外
        Since:
        2020/09/04