Package qxsl.table

Class BasicEncoder

  • All Implemented Interfaces:
    AutoCloseable
    Direct Known Subclasses:
    PrintEncoder

    public abstract class BasicEncoder
    extends TableEncoder
    書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
    Since:
    2022/07/16
    • Constructor Detail

      • BasicEncoder

        public BasicEncoder​(String type)
        指定された書式のエンコーダを初期化します。
        Parameters:
        type - 書式の名前
        Throws:
        UncheckedIOException - 設定の取得時の例外
    • Method Detail

      • get

        public final String get​(String key)
        指定された名前の設定の値を返します。
        Parameters:
        key - 設定の名前
        Returns:
        設定の値
      • getHeaderText

        public final String getHeaderText()
        この書式の先頭行の文字列を返します。
        Returns:
        先頭行の文字列
        Since:
        2019/07/11
      • getTimeEncoder

        public final DateTimeFormatter getTimeEncoder()
        この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
        Returns:
        時刻の書式
        Since:
        2020/09/06
      • verify

        public final void verify​(Item item)
                          throws IOException
        交信記録がこの書式で永続化可能か確認します。
        Specified by:
        verify in class TableEncoder
        Parameters:
        item - 交信記録
        Throws:
        IOException - 検査の結果の例外
        Since:
        2022/07/07