A B C D E F G H I K L M N O P Q R S T U V W Y 
All Classes All Packages

A

Absence - Class in qxsl.ruler
参加者が不参加の部門を表す特殊な実装です。
Absence() - Constructor for class qxsl.ruler.Absence
部門を構築します。
accept() - Method in class qxsl.ruler.Program
現時点で参加登録が受付可能か確認します。
accept(ZoneId) - Method in class qxsl.ruler.Program
現時点で参加登録が受付可能か確認します。
accepted() - Method in class qxsl.ruler.Summary
指定された部門で有効な交信を列挙します。
AccountData - Interface in ats4.data
参加局の登録情報を格納する共通実装です。
AccountTable<R extends AccountData> - Class in ats4.base
参加局の登録情報を管理する共通実装です。
AccountTable(Connection, String) - Constructor for class ats4.base.AccountTable
指定されたデータベースを利用します。
AccountTable.Select - Class in ats4.base
指定された名前の検索クエリを実行します。
AccountTable.Update - Class in ats4.base
指定された名前の更新クエリを実行します。
add(Section) - Method in class qxsl.ruler.Contest
指定された部門をこの規約に追加します。
addr - Variable in class ats4.data.StationData
参加局の宛先住所です。
Any(QName, String) - Constructor for class qxsl.field.FieldManager.Any
属性名と値を指定してFieldManager.Anyを構築します。
archive() - Method in class ats4.data.StationData
交信記録のレコードを生成します。
ArchiveData - Class in ats4.data
参加局の交信履歴を格納するレコードです。
ArchiveData() - Constructor for class ats4.data.ArchiveData
レコードを構築します。
ArchiveData(ResultSet) - Constructor for class ats4.data.ArchiveData
指定された結果からレコードを構築します。
archives() - Method in class ats4.root.ATS
交信履歴を管理するテーブルを返します。
ArchiveTable - Class in ats4.base
参加局の交信履歴を管理する機能を提供します。
ArchiveTable(Connection, Pattern) - Constructor for class ats4.base.ArchiveTable
指定されたデータベースを利用します。
area() - Method in class qxsl.local.LocalCityItem
この地域を含む最大の区画を返します。
AssetUtil - Class in qxsl.utils
ライブラリが内蔵するリソースを取り出します。
AssetUtil(Class<?>) - Constructor for class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたクラスを起点にリソースを検索します。
ATS - Class in ats4.root
参加局の情報を管理する機能を提供します。
ATS(Connection) - Constructor for class ats4.root.ATS
指定されたデータベースを利用します。
ATS(Connection, Pattern) - Constructor for class ats4.root.ATS
指定されたデータベースを利用します。
ats4.base - package ats4.base
参加局の登録情報の操作を提供します。
ats4.data - package ats4.data
参加局の登録情報の項目を提供します。
ats4.root - package ats4.root
参加局の登録情報の管理を担当します。
ats4.warn - package ats4.warn
参加局の情報処理の例外を提供します。
atZone(ZoneId) - Method in class qxsl.draft.Time
指定された時間帯で時刻を複製します。

B

Band - Class in qxsl.draft
交信の周波数帯を表す属性の実装です。
Band(int) - Constructor for class qxsl.draft.Band
周波数を指定して属性を構築します。
Band(BigDecimal) - Constructor for class qxsl.draft.Band
周波数を指定して属性を構築します。
BAND - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の周波数帯を表す属性の名前です。
BasicDecoder - Class in qxsl.sheet
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicDecoder - Class in qxsl.table
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicDecoder(String) - Constructor for class qxsl.sheet.BasicDecoder
指定された書式のデコーダを初期化します。
BasicDecoder(String) - Constructor for class qxsl.table.BasicDecoder
指定された書式のデコーダを初期化します。
BasicEncoder - Class in qxsl.sheet
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicEncoder - Class in qxsl.table
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicEncoder(String) - Constructor for class qxsl.sheet.BasicEncoder
指定された書式のエンコーダを初期化します。
BasicEncoder(String) - Constructor for class qxsl.table.BasicEncoder
指定された書式のエンコーダを初期化します。
BasicFactory - Class in qxsl.sheet
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicFactory - Class in qxsl.table
書式の説明を設定ファイルから取得する機能を提供します。
BasicFactory(String) - Constructor for class qxsl.sheet.BasicFactory
指定された名前の書式を初期化します。
BasicFactory(String) - Constructor for class qxsl.table.BasicFactory
指定された名前の書式を初期化します。
Both - Class in qxsl.model
交信記録で送受信局間に共通の属性を格納します。
Both() - Constructor for class qxsl.model.Both
空の要素を構築します。
buffer(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを読み取る準備をします。
byCall(String) - Method in class ats4.base.ArchiveTable
指定された呼出符号のレコードを返します。
byCall(String) - Method in class ats4.base.MessageTable
指定された呼出符号のレコードを返します。
byCall(String) - Method in class ats4.base.RankingTable
指定された呼出符号のレコードを返します。
byCall(String) - Method in class ats4.base.StationTable
指定された呼出符号のレコードを返します。
bySect(String) - Method in class ats4.base.RankingTable
指定された登録部門のレコードを返します。
bySect(Section) - Method in class ats4.base.RankingTable
指定された登録部門のレコードを返します。
byUUID(String) - Method in class ats4.base.StationTable
指定された識別番号のレコードを返します。
byUUID(UUID) - Method in class ats4.base.StationTable
指定された識別番号のレコードを返します。

C

cache(QName) - Method in class qxsl.field.FieldManager
指定された属性名に対するFieldManager.Cacheを返します。
cache(QName, int) - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
指定された名前と整数値から属性を生成します。
cache(QName, String) - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
指定された名前と文字列から属性を生成します。
call - Variable in class ats4.data.ArchiveData
交信履歴の呼出符号です。
call - Variable in class ats4.data.MessageData
参加局の呼出符号です。
call - Variable in class ats4.data.RankingData
参加局の呼出符号です。
call - Variable in class ats4.data.StationData
参加局の呼出符号です。
call() - Method in class qxsl.utils.ShellUtil
コマンドを実行します。
Call - Class in qxsl.draft
相手の呼出符号を表す属性の実装です。
Call(String) - Constructor for class qxsl.draft.Call
呼出符号を指定して属性を構築します。
CALL - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
相手の呼出符号を表す属性の名前です。
city - Variable in class ats4.data.RankingData
参加局の運用場所です。
close() - Method in class ats4.root.ATS
データベースの接続状態を解消します。
close() - Method in interface qxsl.sheet.SheetDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - Method in interface qxsl.sheet.SheetEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - Method in class qxsl.table.PrintEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
code() - Method in class qxsl.local.LocalCityItem
この地域を特定する識別子を返します。
code() - Method in class qxsl.ruler.Section
部門の分類を返します。
Code - Class in qxsl.draft
交信のナンバーを表す属性の実装です。
Code(String) - Constructor for class qxsl.draft.Code
ナンバーを指定して属性を構築します。
CODE - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信のナンバーを表す属性の名前です。
collect(String) - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
指定された区切り文字列を発見するまで読み取ります。 区切り文字列のうち大文字と小文字は区別されません。
conflict(Section[]) - Method in class qxsl.ruler.Program
指定された部門にまとめて登録可能か確認します。
containsKey(QName) - Method in class qxsl.model.Item
指定された名前の属性の有無を確認します。
containsKey(QName) - Method in class qxsl.model.Node
指定された名前の属性の有無を確認します。
containsKey(QName) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された名前の属性の有無を確認します。
contest() - Method in class qxsl.ruler.Library
コンテストの規約に型変換します。
Contest - Class in qxsl.ruler
コンテストの規約はこのクラスを継承します。
Contest(Section...) - Constructor for class qxsl.ruler.Contest
指定された部門を有する規約を構築します。
copy(Summary) - Method in class ats4.data.RankingData
指定された採点結果から得点を取得します。
copyTo(PreparedStatement) - Method in interface ats4.data.AccountData
このレコードを登録する命令を設定します。
copyTo(PreparedStatement) - Method in class ats4.data.ArchiveData
このレコードを登録する命令を設定します。
copyTo(PreparedStatement) - Method in class ats4.data.MessageData
このレコードを登録する命令を設定します。
copyTo(PreparedStatement) - Method in class ats4.data.RankingData
このレコードを登録する命令を設定します。
copyTo(PreparedStatement) - Method in class ats4.data.StationData
このレコードを登録する命令を設定します。
count() - Method in class qxsl.table.TableEncoder
交信記録の件数または負の整数値を返します。
createTable() - Method in class ats4.base.AccountTable
このテーブルを新規に作成します。
createTables() - Method in class ats4.root.ATS
全てのテーブルを作成します。
createUUID() - Method in class ats4.base.StationTable
重複が取り除かれた識別番号を発行します。

D

data - Variable in class ats4.data.ArchiveData
交信履歴のファイルの内容です。
decodable(Path) - Method in class ats4.base.ArchiveTable
指定された交信記録の解釈の可能性を検査します。
decode() - Method in interface qxsl.sheet.SheetDecoder
ストリームの要約書類を読み取ります。
decode() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録を読み取ります。
decode(byte[]) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定されたバイト列から交信記録を読み取ります。
decode(byte[]) - Method in class qxsl.table.TableManager
指定されたバイト列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
decode(String) - Method in interface qxsl.field.FieldFactory
文字列から属性値の実体を読み取ります。
decode(String) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された文字列から交信記録を読み取ります。
decode(String) - Method in class qxsl.table.TableManager
指定された文字列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
decode(QName, String) - Method in class qxsl.field.FieldManager
指定された文字列と名前を持つ属性値を取得します。
decoder(byte[]) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された要約書類を読み込むデコーダを返します。
decoder(byte[]) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された交信記録を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - Method in class qxsl.sheet.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - Method in class qxsl.table.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - Method in class qxsl.sheet.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - Method in class qxsl.table.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(String) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された要約書類を読み込むデコーダを返します。
decoder(String) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された交信記録を読み込むデコーダを返します。
deleteTable() - Method in class ats4.base.AccountTable
このテーブルを完全に消去します。
deleteTables() - Method in class ats4.root.ATS
全てのテーブルを消去します。
dest - Variable in class ats4.data.MessageData
相手局の呼出符号です。
drop() - Method in class qxsl.draft.Time
分までの精度で複製します。
drop(String) - Method in class ats4.root.ATS
指定された呼出符号のレコードを全て削除します。
drop(String, List<Item>) - Method in class ats4.base.MessageTable
指定された交信記録のレコードを削除します。
drop(R) - Method in class ats4.base.AccountTable
指定されたレコードを削除します。

E

Element - Class in qxsl.ruler
得点計算で利用される要素またはその列です。
Element(Object...) - Constructor for class qxsl.ruler.Element
指定された値を要素とします。
empty(String) - Method in class qxsl.table.PrintEncoder
指定された文字列を空白付きで出力します。 空白文字列の場合はハイフンを出力します。
encode() - Method in interface qxsl.sheet.SheetEncoder
ストリームに要約書類を書き込みます。
encode(char) - Method in class qxsl.utils.MorseCode
指定された文字をモールス符号に変換します。
encode(int) - Method in class qxsl.utils.MorseCode
指定された文字をモールス符号に変換します。
encode(String) - Method in class qxsl.utils.MorseCode
指定された文字列をモールス符号に変換します。
encode(String) - Method in class qxsl.utils.MorseTone
文字列をモールス符号の波形に変換します。
encode(List<Item>) - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録を書き込みます。
encode(List<Item>) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された交信記録をバイト列に書き出します。
encode(List<Item>) - Method in class qxsl.table.TableManager
指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
encode(Item...) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された交信記録をバイト列に書き出します。
encode(Item...) - Method in class qxsl.table.TableManager
指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
encode(Field) - Method in interface qxsl.field.FieldFactory
指定された属性値を文字列に変換します。
encode(Field) - Method in class qxsl.field.FieldManager
指定された属性を適切な書式で文字列に変換します。
encoder(OutputStream) - Method in class qxsl.sheet.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - Method in class qxsl.table.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - Method in class qxsl.sheet.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - Method in class qxsl.table.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - Method in class qxsl.table.TableFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
entity(Item) - Method in class qxsl.ruler.Absence
指定された交信記録のマルチを発行します。
entity(Item) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された交信記録のマルチを発行します。
equals(Object) - Method in class qxsl.draft.Band
指定されたオブジェクトと等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.draft.Time
指定されたオブジェクトと等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.model.Item
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.model.Node
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.ruler.Element
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.value.Field
指定された属性と等値であるか確認します。
equals(Object) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された要素と等値であるか確認します。
eval(Reader) - Method in class qxsl.ruler.RuleKit
指定されたリーダからライブラリの定義を読み取ります。
eval(String) - Method in class qxsl.ruler.RuleKit
指定された文字列からライブラリの定義を読み取ります。
execute() - Method in class ats4.base.AccountTable.Select
設定されたクエリを実行します。
execute() - Method in class ats4.base.AccountTable.Update
設定されたクエリを実行します。
extensions() - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - Method in class qxsl.table.TableFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。

F

factory(String) - Method in class qxsl.sheet.SheetManager
指定された名前もしくはラベルを持つ書式の実装を検索します。
factory(String) - Method in class qxsl.table.TableManager
指定された名前もしくはラベルを持つ書式の実装を検索します。
factory(QName) - Method in class qxsl.field.FieldManager
指定された属性の入出力を行う書式を返します。
Failure - Class in qxsl.ruler
コンテスト規約に基づき無効な交信記録です。
Failure(Item, Object) - Constructor for class qxsl.ruler.Failure
交信記録と審査結果の文字列を設定します。
field(int) - Method in class qxsl.field.FieldManager.Cache
指定された値の属性を取得します。
field(String) - Method in class qxsl.field.FieldManager.Cache
指定された値の属性を取得します。
Field<V> - Class in qxsl.value
交信記録や要約書類に付与される属性の共通実装です。
Field(QName) - Constructor for class qxsl.value.Field
指定された名前の属性を構築します。
FieldFactory - Interface in qxsl.field
交信記録の属性をQXMLで永続化するための仕組みを提供します。
FieldManager - Class in qxsl.field
属性の書式をクラスパスから自動的に検出して管理します。
FieldManager() - Constructor for class qxsl.field.FieldManager
インスタンスを構築します。
FieldManager(ClassLoader) - Constructor for class qxsl.field.FieldManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
FieldManager.Any - Class in qxsl.field
任意の属性値を文字列のまま格納する属性の実装です。 該当する書式が未提供の場合に暗黙的に生成されます。
FieldManager.Cache - Class in qxsl.field
特定の属性名を持つ属性に特化したキャッシュ機構です。
FIELDS - Static variable in class qxsl.field.FieldManager
デフォルトのクラスパスを参照するインスタンスです。
file - Variable in class ats4.data.ArchiveData
交信履歴のファイルの名前です。
finish() - Method in class qxsl.ruler.Program
現時点で集計結果が閲覧可能か確認します。
finish(ZoneId) - Method in class qxsl.ruler.Program
現時点で集計結果が閲覧可能か確認します。
foot() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録の末尾を読み取ります。
foot() - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録の末尾を書き込みます。
forFile(String) - Static method in class qxsl.ruler.RuleKit
指定された拡張子の処理系を検索して返します。
forName(String) - Static method in class qxsl.ruler.RuleKit
指定された言語名の処理系を検索して返します。
from(Object) - Static method in class qxsl.utils.AssetUtil
引数の実装クラスを起点にリソースを検索します。
from(Tuple) - Static method in class qxsl.draft.Time
交信記録の時刻を抽出します。

G

generate(String) - Method in class qxsl.utils.MorseTone
指定された文字列の音響再生器を生成します。
get(int) - Method in class qxsl.ruler.Element
指定された位置の要素を取得します。
get(String) - Method in class qxsl.ruler.Library
規約が参照する変数値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.sheet.BasicDecoder
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.sheet.BasicEncoder
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.table.BasicEncoder
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - Method in class qxsl.table.BasicFactory
指定された名前の設定の値を返します。
get(QName) - Method in class qxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を返します。
get(QName) - Method in class qxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を返します。
get(QName) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性を返します。
getAudioFormat() - Method in class qxsl.utils.MorseTone
この生成器に対応する音響の形式を返します。
getAwardLimit(int[]) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された得点分布で入賞局数を返します。
getAwardLimit(Section) - Method in class ats4.base.RankingTable
指定された登録部門の入賞局数を返します。
getBinary(String) - Method in class qxsl.sheet.PrintDecoder
指定された属性の値を返します。
getBinary(String) - Method in interface qxsl.sheet.SheetDecoder
指定された属性の値を返します。
getBoth() - Method in class qxsl.model.Item
送受信局間に共通の要素を返します。
getBoth(QName) - Method in class qxsl.model.Item
送受信局間に共通の属性を返します。
getByCode(String) - Method in class qxsl.local.LocalCityBase
指定された識別子に対応する地域を返します。
getByName(String) - Method in class qxsl.local.LocalCityBase
指定された自然名に対応する地域を返します。
getCityList() - Method in class qxsl.ruler.Absence
この部門に参加可能な運用場所を返します。
getCityList() - Method in class qxsl.ruler.Section
この部門に参加可能な運用場所を返します。
getClassLoader() - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
ライブラリを読み込んだクラスローダを返します。
getDeadLine() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの締切日を返します。
getDeadLine(int) - Method in class qxsl.ruler.Program
指定された年のコンテストの締切日を計算します。
getFinalDay() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの終了日を返します。
getFinalDay(int) - Method in class qxsl.ruler.Program
指定された年のコンテストの終了日を計算します。
getHeaderText() - Method in class qxsl.table.BasicEncoder
この書式の先頭行の文字列を返します。
getHeaderText() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式のヘッダとなる文字列を返します。
getItems(ArchiveData) - Method in class ats4.base.ArchiveTable
指定されたレコードが含む交信記録を解釈します。
getRankFromZeroIn(RankingTable) - Method in class ats4.data.RankingData
指定されたテーブルで総合順位を返します。
getRcvd() - Method in class qxsl.model.Item
相手局から受信した要素を返します。
getRcvd(QName) - Method in class qxsl.model.Item
相手局から受信した属性を返します。
getSectionCodes() - Method in class qxsl.ruler.Contest
この規約の部門の分類のリストを返します。
getSectionNames() - Method in class qxsl.ruler.Contest
この規約の部門の名前のリストを返します。
getSent() - Method in class qxsl.model.Item
相手局まで送信した要素を返します。
getSent(QName) - Method in class qxsl.model.Item
相手局まで送信した属性を返します。
getStartDay() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの開始日を返します。
getStartDay(int) - Method in class qxsl.ruler.Program
指定された年のコンテストの開始日を計算します。
getString(String) - Method in interface qxsl.sheet.SheetDecoder
指定された属性の値を返します。
getTableKey() - Method in class qxsl.sheet.BasicDecoder
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTableKey() - Method in class qxsl.sheet.BasicEncoder
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTableKey() - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTableKey() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTimeDecoder() - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeDecoder() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeDecoderOld() - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
この書式の入力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeDecoderOld() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の入力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeEncoder() - Method in class qxsl.table.BasicEncoder
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeEncoder() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
getXMLSchema() - Method in class qxsl.sheet.BasicDecoder
書式の構文の定義をリソースから読み取ります。
getXMLSchema() - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
書式の構文の定義をリソースから読み取ります。

H

hashCode() - Method in class qxsl.model.Item
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - Method in class qxsl.model.Node
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - Method in class qxsl.ruler.Element
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - Method in class qxsl.value.Field
属性値のハッシュ値を計算します。
hashCode() - Method in class qxsl.value.Tuple
この要素のハッシュ値を計算します。
hasNext() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームに交信記録が存在するかを確認します。
head() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録の冒頭を読み取ります。
head() - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録の冒頭を書き込みます。
help() - Method in class qxsl.ruler.Program
参加者を助ける文字列を返します。
help() - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - Method in class qxsl.table.TableFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - Method in class qxsl.utils.ShellUtil
使用方法を説明する例外を発生させます。
host() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの運営の名前を返します。

I

isAbsence() - Method in class qxsl.ruler.Section
この部門が不参加部門であるか確認します。
isAny() - Method in class qxsl.value.Field
この属性がFieldManager.Anyか確認します。
isFailure() - Method in class qxsl.ruler.Message
規約に基づき無効な交信であるか確認します。
isSuccess() - Method in class qxsl.ruler.Message
規約に基づき有効な交信であるか確認します。
item - Variable in class ats4.data.MessageData
参加局の交信記録です。
item() - Method in class qxsl.ruler.Message
交信の実体を表す交信記録を返します。
Item - Class in qxsl.model
交信記録で不可分な交信を表現します。
Item() - Constructor for class qxsl.model.Item
交信記録を構築します。
items(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースから交信記録を読み取ります。
iterator() - Method in class qxsl.field.FieldManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - Method in class qxsl.model.Item
この要素の属性を並べた反復子を返します。
iterator() - Method in class qxsl.model.Node
この要素の属性を並べた反復子を返します。
iterator() - Method in class qxsl.ruler.Contest
この規約の下の部門を反復子で返します。
iterator() - Method in class qxsl.sheet.SheetManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - Method in class qxsl.table.TableManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - Method in class qxsl.value.Tuple
この要素の属性を並べた反復子を返します。

K

keySets() - Method in class qxsl.ruler.Summary
マルチ集合を順に並べたリストを返します。

L

Library - Class in qxsl.ruler
交信記録の処理のための手続きを提供します。
Library() - Constructor for class qxsl.ruler.Library
ライブラリを構築します。
limitMultipleEntry(String) - Method in class qxsl.ruler.Program
複数の部門に登録可能な場合の限度を確認します。
lines(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを行の列として読み取ります。
link() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの規約の参照先を返します。
list() - Method in class ats4.base.AccountTable
登録されたレコードを列挙します。
listLines(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを行の列として読み取ります。
load(String) - Static method in class qxsl.local.LocalCityBase
指定された内蔵データベースを読み取ります。
load(String) - Static method in class qxsl.ruler.RuleKit
指定された名前の内蔵ライブラリの定義を読み取ります。
load(Path) - Method in class ats4.data.ArchiveData
指定されたパスの交信記録を設定します。
load(List<Item>) - Method in class ats4.data.ArchiveData
指定された交信記録を設定します。
local() - Method in class qxsl.draft.Time
現地時間の時刻を返します。
LocalCityBase - Class in qxsl.local
ライブラリが内蔵する都市または地域のデータベースです。
LocalCityItem - Class in qxsl.local
相手局または自局が運用している地域を表現します。
LocalCityItem(String...) - Constructor for class qxsl.local.LocalCityItem
指定された地域を構築します。

M

mail - Variable in class ats4.data.StationData
参加局のメール先です。
mail() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの運営の連絡先を返します。
main(String[]) - Static method in class qxsl.utils.ShellUtil
コマンドを起動します。
match(Item, Item) - Method in class qxsl.ruler.Pattern
相互に交信が成立した無線局間で交信記録を照合します。
matches(MessageData, Pattern) - Method in class ats4.data.MessageData
指定されたレコードがこのレコードと対をなすか検証します。
Message - Class in qxsl.ruler
コンテスト規約に基づく交信の検証結果です。
Message(Item) - Constructor for class qxsl.ruler.Message
交信の実体を設定します。
MessageData - Class in ats4.data
参加局の交信相手を格納するレコードです。
MessageData(String, Item) - Constructor for class ats4.data.MessageData
レコードを構築します。
MessageData(ResultSet) - Constructor for class ats4.data.MessageData
指定された結果からレコードを構築します。
messages() - Method in class ats4.root.ATS
交信相手を管理するテーブルを返します。
MessageTable - Class in ats4.base
参加局の交信相手を管理する機能を提供します。
MessageTable(Connection, Pattern) - Constructor for class ats4.base.MessageTable
指定されたデータベースを利用します。
Mode - Class in qxsl.draft
交信の通信方式を表す属性の実装です。
Mode(String) - Constructor for class qxsl.draft.Mode
通信方式を指定して属性を構築します。
MODE - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の通信方式を表す属性の名前です。
MorseCode - Class in qxsl.utils
文字列とモールス符号の変換器です。
MorseCode() - Constructor for class qxsl.utils.MorseCode
変換器を構築します。
MorseTone - Class in qxsl.utils
文字列をモールス符号の波形に変換します。
MorseTone(int, int, int) - Constructor for class qxsl.utils.MorseTone
指定された周波数と速度の生成器を構築します。
MorseTone.Tone - Class in qxsl.utils
モールス符号を音響再生します。
Mul1 - Class in qxsl.draft
交信の獲得番号を表す属性の実装です。
Mul1(String) - Constructor for class qxsl.draft.Mul1
獲得番号を指定して属性を構築します。
MUL1 - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の獲得番号を表す属性の名前です。
Mul2 - Class in qxsl.draft
更なる獲得番号を表す属性の実装です。
Mul2(String) - Constructor for class qxsl.draft.Mul2
獲得番号を指定して属性を構築します。
MUL2 - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
更なる獲得番号を表す属性の名前です。

N

name - Variable in class ats4.data.StationData
参加局の宛先氏名です。
name() - Method in class qxsl.local.LocalCityItem
この地域を特定する自然名を返します。
name() - Method in class qxsl.ruler.Contest
コンテストの名前を返します。
name() - Method in class qxsl.ruler.RuleKit
処理系が使う言語の名前を返します。
name() - Method in class qxsl.ruler.Section
部門の名前を返します。
name() - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - Method in class qxsl.table.TableFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - Method in class qxsl.value.Field
この属性の名前を返します。
name() - Method in class qxsl.value.Tuple
この要素の名前を返します。
name(int) - Method in class qxsl.local.LocalCityItem
指定された階層までの名前を返します。
Name - Class in qxsl.draft
運用者の個人名を表す属性の実装です。
Name(String) - Constructor for class qxsl.draft.Name
運用者名を指定して属性を構築します。
NAME - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
運用者の個人名を表す属性の名前です。
next() - Method in class qxsl.table.TableDecoder
ストリームの現在位置の交信記録を読み取ります。
Node - Class in qxsl.model
交信記録の末端の要素を表現します。
Node(QName) - Constructor for class qxsl.model.Node
指定された名前の要素を構築します。
normalize(List<Item>, String) - Method in class qxsl.ruler.Pattern
交信記録をライブラリが定義する標準構造に変換します。
normalize(Item, String) - Method in class qxsl.ruler.Pattern
交信記録をライブラリが定義する標準構造に変換します。
note - Variable in class ats4.data.StationData
参加局のコメントです。
Note - Class in qxsl.draft
交信記録の備考を表す属性の実装です。
Note(String) - Constructor for class qxsl.draft.Note
備考を指定して属性を構築します。
NOTE - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信記録の備考を表す属性の名前です。
now() - Static method in class qxsl.draft.Time
現在時刻で属性を構築します。

O

output(Item) - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームの現在位置に交信記録を書き込みます。

P

padHead(int) - Method in class qxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの右詰の文字列で返します。
padTail(int) - Method in class qxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの左詰の文字列で返します。
parse(String) - Static method in class qxsl.draft.Band
指定された文字列が表す周波数を返します。
parse(ResultSet) - Method in class ats4.base.AccountTable
検索結果に対応するレコードを構築します。
parse(ResultSet) - Method in class ats4.base.ArchiveTable
検索結果に対応するレコードを構築します。
parse(ResultSet) - Method in class ats4.base.MessageTable
検索結果に対応するレコードを構築します。
parse(ResultSet) - Method in class ats4.base.RankingTable
検索結果に対応するレコードを構築します。
parse(ResultSet) - Method in class ats4.base.StationTable
検索結果に対応するレコードを構築します。
pattern() - Method in class qxsl.ruler.Library
交信記録の構造式に型変換します。
Pattern - Class in qxsl.ruler
交信記録の標準構造と変換処理を提供します。
Pattern() - Constructor for class qxsl.ruler.Pattern
ライブラリを構築します。
peek() - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
入力を消費せずに基本多言語面の文字を読み取ります。
play() - Method in class qxsl.utils.MorseTone.Tone
音響再生が終わるまで待機します。
post - Variable in class ats4.data.StationData
参加局の郵便番号です。
PRE - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
標準的な属性に設定される接頭辞です。
print(String) - Method in class qxsl.table.PrintEncoder
指定された文字列を出力します。
PrintDecoder - Class in qxsl.sheet
印字可能な文字列の交信記録を読み込む機能を提供します。
PrintDecoder - Class in qxsl.table
印字可能な文字列の交信記録を読み込む機能を提供します。
PrintDecoder(String, Reader) - Constructor for class qxsl.table.PrintDecoder
指定された入力を読み込むデコーダを構築します。
PrintDecoder(String, String) - Constructor for class qxsl.sheet.PrintDecoder
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
PrintEncoder - Class in qxsl.sheet
印字可能な文字列の交信記録を書き出す機能を提供します。
PrintEncoder - Class in qxsl.table
印字可能な文字列の交信記録を書き出す機能を提供します。
PrintEncoder(String, Writer) - Constructor for class qxsl.table.PrintEncoder
指定された出力に書き込むエンコーダを構築します。
PrintEncoder(String, String) - Constructor for class qxsl.sheet.PrintEncoder
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
PrintFactory - Class in qxsl.sheet
印字可能な文字列の要約書類を処理する機能を提供します。
PrintFactory - Class in qxsl.table
印字可能な文字列の交信記録を処理する機能を提供します。
PrintFactory(String, String) - Constructor for class qxsl.sheet.PrintFactory
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
PrintFactory(String, String) - Constructor for class qxsl.table.PrintFactory
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
println() - Method in class qxsl.table.PrintEncoder
改行を出力します。
program() - Method in class qxsl.ruler.Library
コンテストの日程に型変換します。
Program - Class in qxsl.ruler
コンテストの日程はこのクラスを継承します。
Program(Section...) - Constructor for class qxsl.ruler.Program
指定された部門を有する規約を構築します。
properties(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースをプロパティに読み取ります。
push(ArchiveData) - Method in class ats4.base.MessageTable
指定された交信記録のレコードを登録します。
push(String, List<Item>) - Method in class ats4.base.MessageTable
指定された交信記録のレコードを登録します。
push(R) - Method in class ats4.base.AccountTable
指定されたレコードを追加します。

Q

Qxsl<V> - Class in qxsl.draft
標準的な属性の名前空間を定義します。
Qxsl(QName, V) - Constructor for class qxsl.draft.Qxsl
指定された名前と属性値を設定します。
qxsl.draft - package qxsl.draft
交信記録の標準的な属性を規定します。
qxsl.field - package qxsl.field
交信記録の属性の永続化を規定します。
qxsl.local - package qxsl.local
国や地域に特化した処理を規定します。
qxsl.model - package qxsl.model
交信記録の末端構造を定義します。
qxsl.ruler - package qxsl.ruler
交信記録の定型処理を規定します。
qxsl.sheet - package qxsl.sheet
要約書類の永続化を規定します。
qxsl.table - package qxsl.table
交信記録の永続化を規定します。
qxsl.utils - package qxsl.utils
様々な機能のクラスを提供します。
qxsl.value - package qxsl.value
交信記録の構成要素を定義します。

R

ranking() - Method in class ats4.data.StationData
成績順位のレコードを生成します。
RankingData - Class in ats4.data
参加局の成績順位を格納するレコードです。
RankingData() - Constructor for class ats4.data.RankingData
レコードを構築します。
RankingData(ResultSet) - Constructor for class ats4.data.RankingData
指定された結果からレコードを構築します。
rankings() - Method in class ats4.root.ATS
成績順位を管理するテーブルを返します。
RankingTable - Class in ats4.base
参加局の成績順位を管理する機能を提供します。
RankingTable(Connection) - Constructor for class ats4.base.RankingTable
指定されたデータベースを利用します。
Rcvd - Class in qxsl.model
交信記録で相手局から受信した属性を格納します。
Rcvd() - Constructor for class qxsl.model.Rcvd
空の要素を構築します。
reader(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを読み取る準備をします。
readLine() - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
現在の位置を記憶してから改行文字まで読み取ります。
rejected() - Method in class qxsl.ruler.Summary
指定された部門で無効な交信を列挙します。
remove(QName) - Method in class qxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(QName) - Method in class qxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(QName) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(Section) - Method in class qxsl.ruler.Contest
指定された部門をこの規約から削除します。
reset() - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
入力を直前の印付け位置まで戻します。
result(Summary) - Method in class qxsl.ruler.Absence
指定された集計結果の総得点を計算します。
result(Summary) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された集計結果の総得点を計算します。
root() - Static method in class qxsl.utils.AssetUtil
クラスパスの頂点を起点にリソースを検索します。
RSTQ - Class in qxsl.draft
交信のレポートを表す属性の実装です。
RSTQ - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信のレポートを表す属性の名前です。
RSTQ(int) - Constructor for class qxsl.draft.RSTQ
指定された整数値で属性を構築します。
RSTQ(int, int, int) - Constructor for class qxsl.draft.RSTQ
指定された整数値で属性を構築します。
RuleKit - Class in qxsl.ruler
ドメイン特化言語でコンテストを定義します。

S

score - Variable in class ats4.data.RankingData
参加局の素点です。
score() - Method in class qxsl.ruler.Failure
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - Method in class qxsl.ruler.Message
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - Method in class qxsl.ruler.Success
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - Method in class qxsl.ruler.Summary
交信で獲得した素点の合計値を計算します。
search(String) - Method in class ats4.base.MessageTable
相手局の記録との照合結果を設定して交信記録を返します。
sect - Variable in class ats4.data.RankingData
参加局の登録部門です。
section() - Method in class qxsl.ruler.Library
コンテストの部門に型変換します。
section(String) - Method in class qxsl.ruler.Contest
指定された名前の部門を検索します。
Section - Class in qxsl.ruler
コンテストの部門はこのクラスを継承します。
Section() - Constructor for class qxsl.ruler.Section
部門を構築します。
Select(String) - Constructor for class ats4.base.AccountTable.Select
指定されたクエリを設定します。
Sent - Class in qxsl.model
交信記録で相手局まで送信した属性を格納します。
Sent() - Constructor for class qxsl.model.Sent
空の要素を構築します。
set(String, byte[]) - Method in class qxsl.sheet.PrintEncoder
指定された属性と属性値を設定します。
set(String, byte[]) - Method in interface qxsl.sheet.SheetEncoder
指定された属性と属性値を設定します。
set(String, String) - Method in interface qxsl.sheet.SheetEncoder
指定された属性と属性値を設定します。
set(QName, Object) - Method in class qxsl.model.Item
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(QName, Object) - Method in class qxsl.model.Node
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(QName, Object) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(Field) - Method in class qxsl.model.Item
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Field) - Method in class qxsl.model.Node
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Field) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Tuple, QName, Object) - Method in class qxsl.field.FieldManager
指定された文字列と名前を持つ属性地を設定します。
SheetDecoder - Interface in qxsl.sheet
所定の書式の要約書類を所定の構造に読み込む仕組みです。
SheetEncoder - Interface in qxsl.sheet
所定の構造の要約書類を所定の書式に書き出す仕組みです。
SheetFactory - Class in qxsl.sheet
所定の書式で要約書類を読み書きする機能を提供します。
SheetFactory() - Constructor for class qxsl.sheet.SheetFactory
書式を構築します。
SheetManager - Class in qxsl.sheet
要約書類の書式を自動的に検出して管理する仕組みです。
SheetManager() - Constructor for class qxsl.sheet.SheetManager
インスタンスを構築します。
SheetManager(ClassLoader) - Constructor for class qxsl.sheet.SheetManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
SheetOrTable - Class in qxsl.sheet
書式を自動判別してバイト列の交信記録を読み取ります。
SheetOrTable() - Constructor for class qxsl.sheet.SheetOrTable
インスタンスを構築します。
SheetOrTable(ClassLoader) - Constructor for class qxsl.sheet.SheetOrTable
指定されたローダを参照するインスタンスを構築します。
ShellUtil - Class in qxsl.utils
交信記録を指定された書式に変換するコマンドです。
ShellUtil(String[]) - Constructor for class qxsl.utils.ShellUtil
コマンドを準備します。
sign(MessageData) - Method in class ats4.data.MessageData
指定されたレコードとの照合の成立を交信記録に設定します。
Sign - Class in qxsl.draft
交信の照合結果を表す属性の実装です。 相手局の交信記録の日時を参照します。
Sign(ZonedDateTime) - Constructor for class qxsl.draft.Sign
時刻を指定して属性を構築します。
Sign(Time) - Constructor for class qxsl.draft.Sign
時刻を指定して属性を構築します。
Sign(Item) - Constructor for class qxsl.draft.Sign
時刻を抽出して属性を構築します。
SIGN - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の照合結果を表す属性の名前です。
size() - Method in class qxsl.ruler.Element
この要素が含む要素の数を返します。
some(QName) - Method in class qxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を返します。
some(QName) - Method in class qxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を返します。
space(String) - Method in class qxsl.table.PrintEncoder
指定された文字列を空白付きで出力します。
split(int...) - Method in class qxsl.table.PrintDecoder
改行文字まで読み取り、指定された位置で分割します。 分割位置に非空白文字がある場合に例外を発生します。
StationData - Class in ats4.data
参加局の連絡先等を格納するレコードです。
StationData() - Constructor for class ats4.data.StationData
レコードを構築します。
StationData(ResultSet) - Constructor for class ats4.data.StationData
指定された結果からレコードを構築します。
stations() - Method in class ats4.root.ATS
連絡先等を管理するテーブルを返します。
StationTable - Class in ats4.base
参加局の連絡先等を管理する機能を提供します。
StationTable(Connection) - Constructor for class ats4.base.StationTable
指定されたデータベースを利用します。
stream(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを読み取る準備をします。
string(String) - Method in class qxsl.utils.AssetUtil
指定されたリソースを文字列として読み取ります。
strip() - Method in class qxsl.draft.Call
斜線より前の呼出符号を返します。
Success - Class in qxsl.ruler
コンテスト規約に基づき有効な交信記録です。
Success(Item, int) - Constructor for class qxsl.ruler.Success
交信記録と交信当たりの得点を設定します。
summarize(List<Item>) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された交信記録のマルチを集計します。
Summary - Class in qxsl.ruler
有効な交信と無効な交信と得点を保持します。
Summary(Section, List<Item>) - Constructor for class qxsl.ruler.Summary
有効な交信と無効な交信を設定します。

T

TableAccessException - Exception in ats4.warn
データベースの疎通の障害を報告する例外です。
TableAccessException(SQLException) - Constructor for exception ats4.warn.TableAccessException
指定された例外を包みます。
TableDecoder - Class in qxsl.table
所定の書式の交信記録を標準構造に読み込む仕組みです。
TableDecoder() - Constructor for class qxsl.table.TableDecoder
デコーダを構築します。
TableEncoder - Class in qxsl.table
標準構造の交信記録を所定の書式に書き出す仕組みです。
TableEncoder() - Constructor for class qxsl.table.TableEncoder
エンコーダを構築します。
TableFactory - Class in qxsl.table
所定の書式で交信記録を読み書きする機能を提供します。
TableFactory() - Constructor for class qxsl.table.TableFactory
書式を構築します。
TableManager - Class in qxsl.table
交信記録の書式を自動的に検出して管理する仕組みです。
TableManager() - Constructor for class qxsl.table.TableManager
インスタンスを構築します。
TableManager(ClassLoader) - Constructor for class qxsl.table.TableManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
TableSchemaException - Exception in ats4.warn
データベースの構造の問題を報告する例外です。
TableSchemaException(SQLException) - Constructor for exception ats4.warn.TableSchemaException
指定された例外を包みます。
target() - Method in interface qxsl.field.FieldFactory
対応する属性の名前を返します。
text() - Method in class qxsl.ruler.Failure
採点結果を説明する文字列を返します。
text() - Method in class qxsl.ruler.Message
採点結果を説明する文字列を返します。
text() - Method in class qxsl.ruler.Success
採点結果を説明する文字列を返します。
Text - Class in qxsl.draft
交信記録の補足を表す属性の実装です。 この属性は備考よりも優先されません。
Text(String) - Constructor for class qxsl.draft.Text
補足を指定して属性を構築します。
TEXT - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信記録の補足を表す属性の名前です。
Time - Class in qxsl.draft
交信の現地時刻を表す属性の実装です。
Time(Instant) - Constructor for class qxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
Time(LocalDateTime) - Constructor for class qxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
Time(ZonedDateTime) - Constructor for class qxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
TIME - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の現地時刻を表す属性の名前です。
toArray() - Method in class qxsl.ruler.Summary
得点とマルチ集合を並べた配列を返します。
toDecimalString(int) - Method in class qxsl.draft.Band
この周波数を実数で表現する文字列を返します。
toGHzString() - Method in class qxsl.draft.Band
周波数をギガヘルツ単位の文字列で返します。
toKHzString() - Method in class qxsl.draft.Band
周波数をキロヘルツ単位の文字列で返します。
toList() - Method in class qxsl.local.LocalCityBase
このデータベースが収録する地域のリストを返します。
toMHzString() - Method in class qxsl.draft.Band
周波数をメガヘルツ単位の文字列で返します。
toString() - Method in class qxsl.draft.Band
周波数を表す適切な単位の文字列を返します。
toString() - Method in class qxsl.local.LocalCityItem
この地域を自然な文字列に変換します。
toString() - Method in class qxsl.model.Item
この交信記録の文字列による表現を返します。
toString() - Method in class qxsl.model.Node
この交信記録の文字列による表現を返します。
toString() - Method in class qxsl.ruler.Contest
コンテストの名前を返します。
toString() - Method in class qxsl.ruler.Section
部門の名前を返します。
toString() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
この書式のファイルフィルタへの表示に適した文字列を返します。
toString() - Method in class qxsl.table.TableFactory
この書式のファイルフィルタへの表示に適した文字列を返します。
toString() - Method in class qxsl.value.Field
属性値を文字列で返します。
total - Variable in class ats4.data.RankingData
参加局の得点です。
total() - Method in class qxsl.ruler.Summary
素点とマルチ集合から総得点を計算します。
transform(List<Item>, String) - Method in class qxsl.ruler.Pattern
交信記録を指定された書式に適合する構造に変換します。
transform(Item, String) - Method in class qxsl.ruler.Pattern
交信記録を指定された書式に適合する構造に変換します。
truncate(int) - Method in class qxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの文字列で返します。
Tuple - Class in qxsl.value
交信に対して複数の属性を設定可能な交信記録の共通実装です。
Tuple(QName) - Constructor for class qxsl.value.Tuple
指定された名前の要素を構築します。
type() - Method in class qxsl.sheet.BasicFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - Method in class qxsl.sheet.SheetFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - Method in class qxsl.table.BasicFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - Method in class qxsl.table.TableFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。

U

unique(Item) - Method in class qxsl.ruler.Absence
指定された交信記録の識別子を発行します。
unique(Item) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された交信記録の識別子を発行します。
unpack(byte[]) - Method in class qxsl.sheet.SheetOrTable
指定されたバイト列から交信記録を抽出します。
unpack(String) - Method in class qxsl.sheet.SheetOrTable
指定された文字列から交信記録を抽出します。
update(String, Contest) - Method in class ats4.root.ATS
指定された呼出符号の参加局の得点を更新します。
Update(String) - Constructor for class ats4.base.AccountTable.Update
指定されたクエリを設定します。
URI - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
標準的な属性が所属する名前空間です。
uuid - Variable in class ats4.data.StationData
参加局のトークンです。

V

valid() - Method in class qxsl.draft.Band
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Call
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Code
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Mode
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Mul1
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Mul2
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Name
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Note
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.RSTQ
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Sign
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Text
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Time
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.draft.Watt
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.field.FieldManager.Any
この属性の値が有効か検証します。
valid() - Method in class qxsl.value.Field
この属性の値が有効か検証します。
value() - Method in class qxsl.draft.Qxsl
この属性の値を返します。
value() - Method in class qxsl.field.FieldManager.Any
この属性の値を返します。
value() - Method in class qxsl.value.Field
この属性の値を返します。
value(String) - Method in class ats4.base.AccountTable.Select
指定された属性値を設定します。
value(QName) - Method in class qxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
value(QName) - Method in class qxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
value(QName) - Method in class qxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
value(R) - Method in class ats4.base.AccountTable.Update
指定されたレコードを写します。
verify(MessageData) - Method in class ats4.base.MessageTable
指定されたレコードとの交信を表す交信記録を照合します。
verify(Reader) - Method in class qxsl.sheet.BasicDecoder
指定された入力がこの書式に従うか検証します。
verify(Reader) - Method in class qxsl.table.BasicDecoder
指定された入力がこの書式に従うか検証します。
verify(Item) - Method in class qxsl.ruler.Absence
指定された交信記録の妥当性を検査します。
verify(Item) - Method in class qxsl.ruler.Section
指定された交信記録の妥当性を検査します。
verify(Item) - Method in class qxsl.table.BasicEncoder
交信記録がこの書式で永続化可能か確認します。
verify(Item) - Method in class qxsl.table.TableEncoder
ストリームに書き込まずに交信記録を検査します。

W

Watt - Class in qxsl.draft
交信の送信電力を表す属性の実装です。
Watt(String) - Constructor for class qxsl.draft.Watt
送信電力を指定して属性を構築します。
WATT - Static variable in class qxsl.draft.Qxsl
交信の送信電力を表す属性の名前です。

Y

year() - Method in class qxsl.ruler.Program
コンテストの開催年を返します。
year(int) - Method in class qxsl.draft.Time
指定された年で複製します。
A B C D E F G H I K L M N O P Q R S T U V W Y 
All Classes All Packages