A B C D E F G H I L M N O P Q R S T U V W 
すべてのクラス すべてのパッケージ

A

Absence - qxsl.rulerのクラス
参加者が不参加の部門を表す特殊な実装です。
Absence() - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Absence
 
accept(int, ZoneId) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された年の参加登録が受付可能か確認します。
accepted() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
指定された部門で有効な交信を列挙します。
add(Section) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された部門をこの規約に追加します。
Any(QName, String) - クラス のコンストラクタqxsl.field.FieldManager.Any
属性名と値を指定してFieldManager.Anyを構築します。
area() - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityItem
この地域を含む最大の区画を返します。

B

Band - qxsl.draftのクラス
交信の周波数帯を表す属性の実装です。
Band(int) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Band
周波数を指定して属性を構築します。
Band(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Band
単位付きの文字列から属性を構築します。
Band(BigDecimal) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Band
周波数を指定して属性を構築します。
BAND - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の周波数帯を表す属性の名前です。
BasicFactory - qxsl.sheetのクラス
書式の説明を設定ファイルから取得する仕組みを提供します。
BasicFactory - qxsl.tableのクラス
書式の説明を設定ファイルから取得する仕組みを提供します。
BasicFactory(String) - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.BasicFactory
指定された名前の書式を初期化します。
BasicFactory(String) - クラス のコンストラクタqxsl.table.BasicFactory
指定された名前の書式を初期化します。
Both - qxsl.modelのクラス
交信記録で送受信局間に共通の属性を格納します。
Both() - クラス のコンストラクタqxsl.model.Both
空の要素を構築します。
byteArrayToString(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定されたバイト列を文字列に変換します。

C

cache() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
キャッシュを返します。
cache(QName) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
指定された属性名に対するFieldManager.Cacheを返します。
Call - qxsl.draftのクラス
相手の呼出符号を表す属性の実装です。
Call(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Call
呼出符号を指定して属性を構築します。
CALL - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
相手の呼出符号を表す属性の名前です。
close() - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
close() - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームを閉じて資源を解放します。
code() - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityItem
この地域を特定する識別子を返します。
code() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
部門の番号を返します。
code() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
部門の番号を返します。
Code - qxsl.draftのクラス
交信の交換番号を表す属性の実装です。
Code(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Code
交換番号を指定して属性を構築します。
CODE - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の交換番号を表す属性の名前です。
collect(String) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
指定された区切り文字列を発見するまで読み取ります。
containsKey(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された名前の属性の有無を確認します。
containsKey(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された名前の属性の有無を確認します。
containsKey(QName) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された名前の属性の有無を確認します。
contest() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Library
コンテストの規約として返します。
Contest - qxsl.rulerのクラス
コンテストの規約はこのクラスを継承します。
Contest(Section...) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Contest
指定された部門を有する規約を構築します。
copyDropSecond() - クラス のメソッドqxsl.draft.Time
分までの精度で複製します。
count() - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
交信記録の件数または負の整数値を返します。

D

decode() - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetDecoder
ストリームの要約書類を読み取ります。
decode() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録を読み取ります。
decode(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定されたバイト列から交信記録を読み取ります。
decode(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
指定されたバイト列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
decode(String) - インタフェース のメソッドqxsl.field.FieldFactory
文字列から属性値の実体を読み取ります。
decode(String) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された文字列から交信記録を読み取ります。
decode(String) - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
指定された文字列から適切な書式で交信記録を読み込みます。
decode(QName, String) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
指定された文字列と名前を持つ属性値を取得します。
decoder(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された要約書類を読み込むデコーダを返します。
decoder(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された交信記録を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(InputStream) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(Reader) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された入力を読み込むデコーダを返します。
decoder(String) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された要約書類を読み込むデコーダを返します。
decoder(String) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された交信記録を読み込むデコーダを返します。

E

Element - qxsl.rulerのクラス
得点計算で利用される要素またはその列です。
Element(Object...) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Element
指定された値を要素とします。
encode() - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetEncoder
ストリームに要約書類を書き込みます。
encode(List<Item>) - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録を書き込みます。
encode(List<Item>) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された交信記録をバイト列に書き出します。
encode(List<Item>) - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
encode(Item...) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された交信記録をバイト列に書き出します。
encode(Item...) - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
指定された交信記録をQXML書式のバイト列に書き出します。
encode(Field) - インタフェース のメソッドqxsl.field.FieldFactory
指定された属性値を文字列に変換します。
encode(Field) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
指定された属性を適切な書式で文字列に変換します。
encoder(OutputStream) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(OutputStream) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
encoder(Writer) - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
指定された出力に書き込むエンコーダを返します。
entity() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
マルチ集合を順に並べたリストを返します。
entity(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Absence
指定された交信記録のマルチを発行します。
entity(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
指定された交信記録のマルチを発行します。
entity(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された交信記録のマルチを発行します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
指定されたオブジェクトと等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.draft.Time
指定されたオブジェクトと等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Element
指定された要素と等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.value.Field
指定された属性と等値であるか確認します。
equals(Object) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された要素と等値であるか確認します。
eval(Reader) - クラス のメソッドqxsl.ruler.RuleKit
指定されたリーダからライブラリの定義を読み取ります。
eval(String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.RuleKit
指定された文字列からライブラリの定義を読み取ります。
extensions() - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。
extensions() - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
この書式の拡張子の不変リストを返します。

F

factory(String) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetManager
指定された名前もしくはラベルを持つ書式の実装を検索します。
factory(String) - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
指定された名前もしくはラベルを持つ書式の実装を検索します。
factory(QName) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
指定された属性の入出力を行う書式を返します。
Failure - qxsl.rulerのクラス
コンテスト規約に基づき無効な交信記録です。
Failure(Item, Object) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Failure
交信記録と審査結果の文字列を設定します。
field(int) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager.Cache
指定された値の属性を取得します。
field(String) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager.Cache
指定された値の属性を取得します。
Field<V> - qxsl.valueのクラス
交信記録や要約書類に付与される属性の共通実装です。
Field(QName) - クラス のコンストラクタqxsl.value.Field
指定された名前の属性を構築します。
FieldFactory - qxsl.fieldのインタフェース
交信記録の属性をQXMLで永続化するための仕組みを提供します。
FieldManager - qxsl.fieldのクラス
属性の書式をクラスパスから自動的に検出して管理します。
FieldManager() - クラス のコンストラクタqxsl.field.FieldManager
インスタンスを構築します。
FieldManager(ClassLoader) - クラス のコンストラクタqxsl.field.FieldManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
FieldManager.Any - qxsl.fieldのクラス
任意の属性値を文字列のまま格納する属性の実装です。
FieldManager.Cache - qxsl.fieldのクラス
特定の属性名を持つ属性に特化したキャッシュ機構です。
FIELDS - クラス のstatic変数qxsl.field.FieldManager
デフォルトのクラスパスを参照するインスタンスです。
finish(int, ZoneId) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された年の集計結果が閲覧可能か確認します。
foot() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録の末尾を読み取ります。
foot() - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録の末尾を書き込みます。
forFile(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.ruler.RuleKit
指定された拡張子の処理系を検索して返します。
forName(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.ruler.RuleKit
指定された言語名の処理系を検索して返します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Band
交信記録の周波数を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Call
交信記録の呼出符号を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Code
交信記録の交換番号を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Mode
交信記録の通信方式を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Mul1
交信記録の獲得番号を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Mul2
交信記録の獲得番号を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Name
交信記録の運用者名を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Note
交信記録の備考を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.RSTQ
交信記録のレポートを抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Time
交信記録の時刻を抽出します。
from(Tuple) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Watt
交信記録の送信電力を抽出します。

G

get(int) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Element
指定された位置の要素を取得します。
get(String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Library
規約が参照する変数値を返します。
get(String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
規約が参照する変数値を返します。
get(String) - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
指定された名前の設定の値を返します。
get(String) - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
指定された名前の設定の値を返します。
get(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を返します。
get(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を返します。
get(QName) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性を返します。
getBinary(String) - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetDecoder
指定された属性の値を返します。
getBoth() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
送受信局間に共通の要素を返します。
getByCode(String) - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityBase
指定された識別子に対応する地域を返します。
getByName(String) - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityBase
指定された自然名に対応する地域を返します。
getDeadLine(int) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された年のコンテストの締切日を計算します。
getFinalDay(int) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された年のコンテストの終了日を計算します。
getHeaderText() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式のヘッダとなる文字列を返します。
getRcvd() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
相手局から受信した要素を返します。
getSent() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
相手局まで送信した要素を返します。
getStartDay(int) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された年のコンテストの開始日を計算します。
getString(String) - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetDecoder
指定された属性の値を返します。
getTableKey() - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTableKey() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
交信記録を抽出する鍵の文字列を返します。
getTimeDecoder() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeDecoderOld() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の入力時に使う時刻の書式を返します。
getTimeEncoder() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の出力時に使う時刻の書式を返します。

H

hashCode() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - クラス のメソッドqxsl.model.Node
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Element
この要素のハッシュ値を計算します。
hashCode() - クラス のメソッドqxsl.value.Field
属性値のハッシュ値を計算します。
hashCode() - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
この要素のハッシュ値を計算します。
hasNext() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームに交信記録が存在するかを確認します。
head() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームの交信記録の冒頭を読み取ります。
head() - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームに交信記録の冒頭を書き込みます。
help() - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
help() - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
この書式の詳細を述べる文字列を返します。
host() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
コンテストの主催者を返します。

I

isAbsence() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
この部門が不参加部門であるか確認します。
isAny() - クラス のメソッドqxsl.value.Field
この属性がFieldManager.Anyか確認します。
isCW() - クラス のメソッドqxsl.draft.Mode
通信方式が聴覚電信か確認します。
isFailure() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Message
規約に基づき無効な交信であるか確認します。
isRTTY() - クラス のメソッドqxsl.draft.Mode
通信方式が印字電信か確認します。
isSuccess() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Message
規約に基づき有効な交信であるか確認します。
isValid(int) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.RSTQ
指定された整数値がレポートであるかを確認します。
isValid(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Call
指定された文字列が呼出符号であるかを確認します。
item() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Message
交信の実体を表す交信記録を返します。
Item - qxsl.modelのクラス
交信記録で不可分な交信を表現します。
Item() - クラス のコンストラクタqxsl.model.Item
交信記録を構築します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
この要素の属性を並べた反復子を返します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.model.Node
この要素の属性を並べた反復子を返します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
この規約の下の部門を反復子で返します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.table.TableManager
このインスタンスが検出した書式を列挙します。
iterator() - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
この要素の属性を並べた反復子を返します。

L

Library - qxsl.rulerのクラス
交信記録の処理のための手続きを提供します。
Library() - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Library
 
link() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
コンテストの規約の場所を返します。
load(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.local.LocalCityBase
指定された内蔵データベースを読み取ります。
load(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.ruler.RuleKit
指定された名前の内蔵ライブラリの定義を読み取ります。
local() - クラス のメソッドqxsl.draft.Time
現地時間の時刻を返します。
LocalCityBase - qxsl.localのクラス
ライブラリが内蔵する都市または地域のデータベースです。
LocalCityItem - qxsl.localのクラス
相手局または自局が運用している地域を表現します。
LocalCityItem(String) - クラス のコンストラクタqxsl.local.LocalCityItem
指定された地域を構築します。

M

mail() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
コンテストの連絡先を返します。
Message - qxsl.rulerのクラス
コンテスト規約に基づく交信の検証結果です。
Message(Item) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Message
交信の実体を設定します。
Mode - qxsl.draftのクラス
交信の通信方式を表す属性の実装です。
Mode(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Mode
通信方式を指定して属性を構築します。
MODE - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の通信方式を表す属性の名前です。
Mul1 - qxsl.draftのクラス
交信の獲得番号を表す属性の実装です。
Mul1(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Mul1
獲得番号を指定して属性を構築します。
MUL1 - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の獲得番号を表す属性の名前です。
Mul2 - qxsl.draftのクラス
更なる獲得番号を表す属性の実装です。
Mul2(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Mul2
獲得番号を指定して属性を構築します。
MUL2 - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
更なる獲得番号を表す属性の名前です。

N

name() - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityItem
この地域を特定する自然名を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
コンテストの名前を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
部門の名前を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.ruler.RuleKit
処理系が使う言語の名前を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
部門の名前を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
この書式の表示に適した文字列を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.value.Field
この属性の名前を返します。
name() - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
この要素の名前を返します。
name(int) - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityItem
指定された階層までの名前を返します。
Name - qxsl.draftのクラス
運用者の個人名を表す属性の実装です。
Name(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Name
運用者名を指定して属性を構築します。
NAME - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
運用者の個人名を表す属性の名前です。
next() - クラス のメソッドqxsl.table.TableDecoder
ストリームの現在位置の交信記録を読み取ります。
Node - qxsl.modelのクラス
交信記録の末端の要素を表現します。
Node(QName) - クラス のコンストラクタqxsl.model.Node
指定された名前の要素を構築します。
normalize(String) - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Call
指定された呼出符号を正規形の文字列に変換します。
normalize(List<Item>, String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Pattern
交信記録をライブラリが定義する標準構造に変換します。
normalize(Item, String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Pattern
交信記録をライブラリが定義する標準構造に変換します。
Note - qxsl.draftのクラス
交信記録の備考を表す属性の実装です。
Note(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Note
備考を指定して属性を構築します。
NOTE - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信記録の備考を表す属性の名前です。
now() - クラス のstaticメソッドqxsl.draft.Time
現在時刻で属性を構築します。

O

ofYear(int) - クラス のメソッドqxsl.draft.Time
指定された年で複製します。
output(Item) - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームの現在位置に交信記録を書き込みます。

P

padHead(int) - クラス のメソッドqxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの右詰の文字列で返します。
padTail(int) - クラス のメソッドqxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの左詰の文字列で返します。
pattern() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Library
交信記録の構造式として返します。
Pattern - qxsl.rulerのクラス
交信記録の標準構造と変換処理を提供します。
Pattern() - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Pattern
 
peek() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
入力を消費せずに基本多言語面の文字を読み取ります。
PRE - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
標準的な属性に共通する接頭辞です。
print(String) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintEncoder
指定された文字列を出力します。
PrintDecoder - qxsl.tableのクラス
文字列による交信記録を読み込むためのデコーダの共通実装です。
PrintDecoder(Reader) - クラス のコンストラクタqxsl.table.PrintDecoder
指定された入力を読み込むデコーダを構築します。
PrintEncoder - qxsl.tableのクラス
文字列による交信記録を書き出すためのエンコーダの共通実装です。
PrintEncoder(Writer) - クラス のコンストラクタqxsl.table.PrintEncoder
指定された出力に書き込むエンコーダを構築します。
PrintFactory - qxsl.sheetのクラス
印字可能な文字列で要約書類を表す書式の共通実装です。
PrintFactory - qxsl.tableのクラス
印字可能な文字列で交信記録を表す書式の共通実装です。
PrintFactory(String, String) - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.PrintFactory
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
PrintFactory(String, String) - クラス のコンストラクタqxsl.table.PrintFactory
指定された名前と文字セットの書式を初期化します。
println() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintEncoder
改行を出力します。
Promise - qxsl.rulerのクラス
コンテストの総得点の計算手順を記憶します。
Promise(Section) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Promise
指定された計算手順を記憶します。

Q

Qxsl<V> - qxsl.draftのクラス
QXMLが標準仕様でサポートする属性の名前を定義します。
Qxsl(QName, V) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Qxsl
指定した名前と値の属性を構築します。
qxsl.draft - パッケージ qxsl.draft
交信記録の様々な書式が備えるべき標準的な属性を定めます。
qxsl.field - パッケージ qxsl.field
交信記録の属性を永続保管するための書式の仕様を定めます。
qxsl.local - パッケージ qxsl.local
国や地域により異なる行政区画や電波政策の差を吸収します。
qxsl.model - パッケージ qxsl.model
交信記録の末端構造を定義します。
qxsl.ruler - パッケージ qxsl.ruler
交信記録をドメイン特化言語で処理する仕組みを提供します。
qxsl.sheet - パッケージ qxsl.sheet
要約書類を永続保管するための仕様を定めます。
qxsl.table - パッケージ qxsl.table
交信記録を永続保管するための仕様を定めます。
qxsl.value - パッケージ qxsl.value
交信記録の構成要素を定義します。

R

Rcvd - qxsl.modelのクラス
交信記録で相手局から受信した属性を格納します。
Rcvd() - クラス のコンストラクタqxsl.model.Rcvd
空の要素を構築します。
readLine() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
現在の位置を記憶してから改行文字まで読み取ります。
rejected() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
指定された部門で無効な交信を列挙します。
remove(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(QName) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性を削除します。
remove(Section) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された部門をこの規約から削除します。
reset() - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
入力を直前の印付け位置まで戻します。
result(Summary) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Absence
指定された集計結果の総得点を計算します。
result(Summary) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
指定された集計結果の総得点を計算します。
result(Summary) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された集計結果の総得点を計算します。
RSTQ - qxsl.draftのクラス
交信のレポートを表す属性の実装です。
RSTQ - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信のレポートを表す属性の名前です。
RSTQ(int) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.RSTQ
指定された整数値で属性を構築します。
RSTQ(int, int, int) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.RSTQ
指定された整数値で属性を構築します。
RuleKit - qxsl.rulerのクラス
ドメイン特化言語でコンテストを定義します。

S

score() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Failure
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Message
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Success
交信の成立で獲得する点数を返します。
score() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
交信で獲得した素点の合計値を計算します。
section() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Library
コンテストの部門として返します。
section(String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
指定された名前の部門を検索します。
Section - qxsl.rulerのクラス
コンテストの部門はこのクラスを継承します。
Section() - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Section
 
Sent - qxsl.modelのクラス
交信記録で相手局まで送信した属性を格納します。
Sent() - クラス のコンストラクタqxsl.model.Sent
空の要素を構築します。
set(String, byte[]) - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetEncoder
指定された属性と属性値を設定します。
set(String, String) - インタフェース のメソッドqxsl.sheet.SheetEncoder
指定された属性と属性値を設定します。
set(QName, Object) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(QName, Object) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(QName, Object) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された文字列を属性に変換して追加します。
set(Field) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Field) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Field) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された属性を適切な名前で追加します。
set(Tuple, QName, Object) - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager
指定された文字列と名前を持つ属性地を設定します。
SheetDecoder - qxsl.sheetのインタフェース
永続化された要約書類を読み取るためのデコーダです。
SheetEncoder - qxsl.sheetのインタフェース
要約書類を所定の書式で永続化するためのエンコーダです。
SheetFactory - qxsl.sheetのクラス
交信記録を要約する書式はこのインターフェースを継承します。
SheetFactory() - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.SheetFactory
 
SheetManager - qxsl.sheetのクラス
要約書類の書式をクラスパスから自動的に検出して管理します。
SheetManager() - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.SheetManager
インスタンスを構築します。
SheetManager(ClassLoader) - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.SheetManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
SheetOrTable - qxsl.sheetのクラス
要約書類または交信記録から適切な書式で交信記録を読み取ります。
SheetOrTable() - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.SheetOrTable
インスタンスを構築します。
SheetOrTable(ClassLoader) - クラス のコンストラクタqxsl.sheet.SheetOrTable
指定されたローダを参照するインスタンスを構築します。
size() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Element
この要素が含む要素の数を返します。
some(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性を返します。
some(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性を返します。
space(String) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintEncoder
指定された文字列を空白付きで出力します。
split(int...) - クラス のメソッドqxsl.table.PrintDecoder
改行文字まで読み取り、指定された位置で分割します。
stringToByteArray(Object) - クラス のメソッドqxsl.sheet.PrintFactory
指定された文字列をバイト列に変換します。
strip() - クラス のメソッドqxsl.draft.Call
斜線より後の部分文字列を除く呼出符号を返します。
Success - qxsl.rulerのクラス
コンテスト規約に基づき有効な交信記録です。
Success(Item, int) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Success
交信記録と交信当たりの得点を設定します。
summarize(List<Item>) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された交信記録のマルチを集計します。
Summary - qxsl.rulerのクラス
有効な交信と無効な交信と得点を保持します。
Summary(Section, List<Item>) - クラス のコンストラクタqxsl.ruler.Summary
有効な交信と無効な交信を設定します。

T

TableDecoder - qxsl.tableのクラス
永続化された交信記録を読み取るためのデコーダです。
TableDecoder() - クラス のコンストラクタqxsl.table.TableDecoder
 
TableEncoder - qxsl.tableのクラス
交信記録を所定の書式で永続化するためのエンコーダです。
TableEncoder() - クラス のコンストラクタqxsl.table.TableEncoder
 
TableFactory - qxsl.tableのクラス
交信記録を永続化する書式はこのインターフェースを継承します。
TableFactory() - クラス のコンストラクタqxsl.table.TableFactory
 
TableManager - qxsl.tableのクラス
交信記録の書式をクラスパスから自動的に検出して管理します。
TableManager() - クラス のコンストラクタqxsl.table.TableManager
インスタンスを構築します。
TableManager(ClassLoader) - クラス のコンストラクタqxsl.table.TableManager
指定されたローダから書式の実装を検索します。
target() - インタフェース のメソッドqxsl.field.FieldFactory
対応する属性の名前を返します。
text() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Failure
採点結果を説明する文字列を返します。
text() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Message
採点結果を説明する文字列を返します。
text() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Success
採点結果を説明する文字列を返します。
Time - qxsl.draftのクラス
交信の現地時刻を表す属性の実装です。
Time(Instant) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
Time(LocalDateTime) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
Time(ZonedDateTime) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Time
交信日時を指定して属性を構築します。
TIME - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の現地時刻を表す属性の名前です。
toArray() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
得点とマルチ集合を並べた配列を返します。
toDecimalString(int) - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
この周波数を実数で表現する文字列を返します。
toGHzString() - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
周波数をギガヘルツ単位の文字列で返します。
toKHzString() - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
周波数をキロヘルツ単位の文字列で返します。
toList() - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityBase
このデータベースが収録する地域のリストを返します。
toMHzString() - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
周波数をメガヘルツ単位の文字列で返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.draft.Band
周波数を表す適切な単位の文字列を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.local.LocalCityItem
この地域を自然な文字列に変換します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.model.Item
この交信記録の文字列による表現を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.model.Node
この交信記録の文字列による表現を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Contest
コンテストの名前を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
部門の名前を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
この書式のファイルフィルタへの表示に適した文字列を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
この書式のファイルフィルタへの表示に適した文字列を返します。
toString() - クラス のメソッドqxsl.value.Field
属性値を文字列で返します。
total() - クラス のメソッドqxsl.ruler.Summary
素点とマルチ集合から総得点を計算します。
transform(List<Item>, String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Pattern
交信記録を指定された書式に適合する構造に変換します。
transform(Item, String) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Pattern
交信記録を指定された書式に適合する構造に変換します。
truncate(int) - クラス のメソッドqxsl.value.Field
属性値を指定された長さまでの文字列で返します。
Tuple - qxsl.valueのクラス
交信に対して複数の属性を設定可能な交信記録の共通実装です。
Tuple(QName) - クラス のコンストラクタqxsl.value.Tuple
指定された名前の要素を構築します。
type() - クラス のメソッドqxsl.sheet.BasicFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - クラス のメソッドqxsl.table.BasicFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。
type() - クラス のメソッドqxsl.table.TableFactory
この書式を識別する完全な名前を返します。

U

unique(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Absence
指定された交信記録の識別子を発行します。
unique(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
指定された交信記録の識別子を発行します。
unique(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された交信記録の識別子を発行します。
unpack(byte[]) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetOrTable
指定されたバイト列から交信記録を抽出します。
unpack(String) - クラス のメソッドqxsl.sheet.SheetOrTable
指定された文字列から交信記録を抽出します。
URI - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
標準的な属性に共通する名前空間です。

V

value() - クラス のメソッドqxsl.draft.Qxsl
この属性の値を返します。
value() - クラス のメソッドqxsl.field.FieldManager.Any
 
value() - クラス のメソッドqxsl.value.Field
この属性の値を返します。
value(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Item
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
value(QName) - クラス のメソッドqxsl.model.Node
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
value(QName) - クラス のメソッドqxsl.value.Tuple
指定された属性名に対応する属性の値を返します。
verify(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Absence
指定された交信記録の妥当性を検査します。
verify(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Promise
指定された交信記録の妥当性を検査します。
verify(Item) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された交信記録の妥当性を検査します。
verify(Item) - クラス のメソッドqxsl.table.TableEncoder
ストリームに書き込まずに交信記録を検査します。

W

Watt - qxsl.draftのクラス
交信の送信電力を表す属性の実装です。
Watt(String) - クラス のコンストラクタqxsl.draft.Watt
送信電力を指定して属性を構築します。
WATT - クラス のstatic変数qxsl.draft.Qxsl
交信の送信電力を表す属性の名前です。
win(int, int[]) - クラス のメソッドqxsl.ruler.Section
指定された総得点で入賞するか確認します。
A B C D E F G H I L M N O P Q R S T U V W 
すべてのクラス すべてのパッケージ